東北大学大学院工学研究科
附属先端材料強度科学研究センター
エネルギー・環境材料強度信頼性科学研究部門
表面・界面制御強度信頼性科学研究分野
小川・市川 研究室



はじめに

本分野においては,超高効率ガスタービン開発の基盤技術として超高温で長期耐久性を有する材料開発につながる材料の安全性・信頼性研究を推進している.特に,Ni基超合金、熱遮へいコーティング、あるいはC/Cコンポジット等において生ずる経年的劣化・損傷機構の解明を通して破壊の物理化学を明らかにし,その体系化を通して社会的要請の高いエネルギー変換設備の飛躍的効率向上を実現し環境負荷の低減に貢献していく.

Introduction

In this laboratory, research related to the safety and reliability of materials connected with the development of materials that are durable at ultra-high temperatures over long periods of time is promoted based on the development of high efficiency gas turbines. Fracture physics and chemistry is studied by elucidating degradation and damage mechanisms, especially for Ni base superalloys, thermal barrier coatings, and C/C composites. The drastic improvements in efficiency of high energy conversion equipment demanded by society were realized through this research, contributing to the reduction of environmental impacts.

研究テーマ / Research Topic

img01

Cold Spray

コールドスプレー法による表面改質技術の確立
View more

img01

UHMWPE

超高分子量ポリエチレンの新しい成形方法の確立
View more

img01

SPITS

粒子高速衝突模擬実験装置の開発
View more

img01

Micro Strength

超微小領域での強度評価
View more

img01

Solar Cell

全く新しい太陽電池製造法の検討
View more

img01

TBC / EBC

ガスタービン用コーティングの開発
View more

Lecture

材料科学

   講義資料 1
   講義資料 2
   講義資料 3
   講義資料 4
   講義資料 5
   講義資料 6
   講義資料 7
(注意:講義資料の表示にはパスワードの入力が必要です)

材料強度学

   講義資料 1
   講義資料 2
   講義資料 3
   講義資料 4
   講義資料 5
   講義資料 6
   講義資料 7
(注意:講義資料の表示にはパスワードの入力が必要です)

Access

Address

仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-11 総合研究棟703号室

Contact

Email: ogawa_info[at]rift.mech.tohoku.ac.jp